株式投資の損益による所得税を減らす方法

株式投資による運用益や配当には税金が20.315%(所得税15.315%、住民税5%)かかります。
税金の算出方法は1年間の運用益や配当を合わせた額になりますので、含み損がある株の損益を出して、運用益を下げる方法があります。
例えば、A、B、C株を保有し、A株は含み益10万円、B株は含み益20万円、C株は含み損が15万円であれば、A株とB株を売却すると、運用益は30万円となります。しかし、C株を売却して、15万円の損失を出せば、運用益はC株の損失分が相殺され、運用益は15万円となります。
サラリーマンの場合、給料以外の所得が20万円未満であれば非課税となります。運用益30万円であれば、約6.1万円の税金がかかりますが、C株を売却することで、非課税となり、約6.1万円の節税となります。
将来的にC株は利益になると考えているのであれば、損失を出してから、買い戻すようにすればよいのです。
株式投資の運用益や配当が年間120万円まで非課税になるNISA口座であれば所得税を減らす方法を考える必要がありません。しかし、NISA口座の場合は運用益を非課税にするだけで、利益と損益を相殺することができません。また、株価が買値に戻らそうな時に損切りすることがありますが、損切りをしても、NISA口座の投資額が戻るわけではありません。
例えば、NISA口座で50万円の株を購入したとします。年間投資額の上限は120万円なので、残りは70万円になります。50万円で購入した株が45万円となり、買値に戻りそうにないので、5万円の損益を出して損切りをしても、投資額は70万円のままなので、NISA口座を無駄に使ってしまったことになります。
NISA口座は運用益や配当は非課税でも株の損切りには向いていないことを知っておいた方が良いでしょう。